カテゴリ:漢方&アロマ( 72 )

眠りのお悩みzzz

d0285416_19493180.jpg

先日の新大久保の宴での話題は旅と食べものと最近の体調。

オトナだから日々の仕事以外にも色々忙しいのは当たり前ですが…

睡眠時間が短いって話になったので、就寝時間をお互いにチェックしたら皆さん遅くて (^^;

寝つきも悪い、ときました。

仕事から帰宅しても頭の中はまだ動き回っているから、体は疲れてるのに眠れない。

でも朝は早く起きないといけないから、睡眠負債はスゴイことになってるんだろうねって。

実は私も営業部門にいた時までは同じ状況でした。朝はツラくて起きれなかったし。

ここ3年くらいの間に漢方などを勉強しながら、負債を減らすことができたのか寝つきも寝起きも良くなりました。

漢方のベースの考え方に「陰陽論」がありますが「陰」にあたる夜は非活動的な時間で、「陽」にあたる昼間は活動的な時間。。

春分の日を過ぎると昼間の明るい時間が増えるので、夜でも活動的に動きがちですが…

リラックスタイムは早めの時間から確保できるように予定を逆算して気をつけていくのが体調維持には大事かな、なんて思ってます。

薬日本堂の運営している「漢方ライフ」↓リラックスの仕方などセルフケアを知りたい方はぜひ覗いてみて下さいね^ ^












[PR]
by alohapanda | 2018-03-31 00:00 | 漢方&アロマ

ランチタイムに漢方相談

d0285416_19240189.jpg

最近のランチタイム、ちょっと外食が続いております。

仕事の仕方が変わったり年度末だったりで忙しく、気分転換がしたくて1人でも外に出てリセットを。

デスクに貼り付けてお弁当を食べていると「お昼もデスクにいるぞ!」とコレ幸いで仕事持ってくる人もいますしね。しばらくはそんな感じ(^^;

☆☆☆☆☆

久しぶりに顔を合わせたスタッフさんから「漢方についてお話を聞きたい」と。

ランチタイムを利用して、プチ漢方相談となりました。

アラサー、デスクワーク、去年からの上司は細かい人。プチ不調のタネがポツポツ見え始めたお年頃。

アンチエイジング的な漢方のケアは35歳くらいからするのが良いということですから、これは良いタイミングですよ!

色白でスリムな彼女は「私は漢方で言う『瘀血(おけつ)』らしいです」と、いきなりの専門用語にびっくり。

血(けつ)の巡りが良くない状態を瘀血と言うのですが、ここ1年くらい目の下のクマが気になって仕方ない。きっと瘀血のせいなんだ、と。

瘀血を改善したくてドラッグストアで買える市販の漢方薬を飲んでみたい、と言われました。

…えーっと、ちょっと待ってね。美容の面から来ましたか。

まず、ドラッグストアで買える一箱の中身は1週間分くらい。

ホントはカウンセリングを受けたりして体質に合ったものを選んでもらうのが一番なのですが…

飲んだとしてもいきなりクマが消えるとは思えないし、病院に行くような状況でもないので、継続的に飲むとしたらそれなりの費用がかかります。

正直、20代一人暮らし派遣社員のおサイフ的にはキビシイと思う。実際の金額をざっくりで伝えると「そうですよねぇ」

瘀血の人は冷え性の可能性も高いと言うと「手足がとても冷えるんです!」

それなら、カラダを温めて血の巡りを良くするケアを考えよう。カラダの中の巡りが改善されれば、クマ退治にもなるはずだよ。

…と言うワケで、彼女が無理なく続けられそうなセルフケアをいくつかご提案しました。

ランチ食べながら短時間で色々お話するから、小難しい理論は抜き。

去年までは仕事が近かったスタッフさんなので、近況報告から推察してアドバイス。不必要な情報は削ぎ落として伝えることが必要でした。

とてもピンポイントな症状から話は始まりましたが、紐解いていくことで体質改善からもアプローチ出来ることに気づいてくれた様子。

「それなら出来そう!コレとコレ、やってみます。」

コツコツやってみて頂けると良いな。お役に立てれば幸いです。








[PR]
by alohapanda | 2018-03-17 00:00 | 漢方&アロマ

春のセルフケア☆デトックスが向いてる?向いてない?

d0285416_09130846.jpg
3月に入りました。

春はワクワク〜♪ソワソワ〜♪
って、もうそんな歳ではありませんがw

ピンクってフワフワした感じの色。持っていると楽しい気持ちになりますね。

スタバのプリンセットに付いてくるサクラのクロス、ゲットして来ました。お弁当を包むのに使いたい^ ^

☆☆☆☆☆

春になると冬の間に貯め込んでいたものを外に出してスッキリしたくなったりしますが、実はデトックスに向いてない体質の人もいるのです。

手軽な「デトックス」としてはサウナですが、サウナは苦手という方もいますよね?

先日フィットネスクラブからグッタリした様子で出てきた女性を見かけました。

健康のために通われていると思いますが疲れて逆効果みたいです。そんな方は…

「気」を消耗させないことが大事。

ここで言う「気」は元気の「気」のこと。体の外に汗を出す時に、気も一緒に出てしまう。

冬は活動が活発になる次の季節を待つ期間で、気は貯めて備える時期。

運動したらスッキリするより疲れてしまう。そんな体質の方は気を補う方針に変更するのがベターです。

運動はホットヨガなどのハードなものより、軽く汗を掻く程度のストレッチやウォーキングが向いてます。

薬膳的には気を補うお米や芋類などの主食をしっかり摂る。少食な方は少量でも食事を疎かにしない。

午前のうちに前日からの不要なものを排出するためにも、質の良い睡眠時間を取る工夫を。

眠ってる間にカラダがリセットされると朝からスッキリ。眠ることもセルフケア、です。

活動的な「陽」の気が多くなるこれからの季節へ身体がスムーズに切り替わるよう、無理なく整えて待ちましょう^ ^


季節の養生などはコチラも参考に↓



[PR]
by alohapanda | 2018-03-04 00:00 | 漢方&アロマ

大盛況でした!冬の漢方イベント

d0285416_20154670.jpg
スクールのお仲間が講師デビューされた漢方イベントに、私も行ってきました!

授業の前後には友人や先生に近況報告したり、出店されてるお店の新製品を試飲させて頂いたり。

お買い物したら永谷園さんからサンプルのスープを頂きました〜♪

これは薬日本堂監修なので、飲むのが楽しみ。



永谷園さんの「くらしの和漢」のラインナップにはお粥などレトルトの商品もありました。

風邪やちょっと具合が悪い時の買い置きにも良さそうですね。



私がもらったのはこのスープ。

アマゾンやロハコなどからも買えるようですので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

♪〜♪〜♪〜♪〜♪

私が今回受けた講座は春の養生についてでした。

今の季節にぴったりのセルフケアや、不調に至るまでの考え方を全身耳にして聞いてきましたのでw

私なりの解釈も交えて、後日お伝えできればと思っております。





[PR]
by alohapanda | 2018-02-26 00:00 | 漢方&アロマ

冬の漢方イベント♪

d0285416_16061986.jpg
私も単発の講座に通っております薬日本堂の漢方スクール。

季節ごとにイベントが開催されるのですが、今回は知り合いの方がスクールの講師デビューされるのでちょっと告知させて下さい^ ^

以前ご一緒した講座で同じ班になったお2人。お仕事もされながらご自分の講座を開催されてますが、漢方スクールでの講師は初めてです。

普段は薬膳茶や季節・体質に合った養生を提案されています。

d0285416_16062044.jpg
ご担当はワンコインセミナーの「はじめての漢方セミナー」です。

漢方で一番最初に勉強する概念をわかりやすく説明するというもの。

私も実際に実習したテーマでしたが、お2人の着眼点はとても勉強になりました。

ちょっと勉強してみたいという方、ワンコインというお手軽な講座なので是非!

d0285416_17162648.jpg
画像はお借りしました



[PR]
by alohapanda | 2018-01-26 00:00 | 漢方&アロマ

年始に食べるお汁粉に納得

d0285416_08385292.jpg
ハワイから帰ってから、母は年末のうちに買った材料で煮物などを作り簡単なお節を用意。

三が日のうちに行かないとねー、と近所の神社に初詣にも行きまして。

初詣の後って参道の出店を冷やかしたりするせいか、何か甘いおやつが欲しくなります。

白玉粉と札幌で買っていた小豆があったので、早速お汁粉を。

この写真をインスタで見た漢方仲間の方から「カラダが必要なものを欲したのね」と。

薬膳では小豆などの豆類は余計なものを排出すると考えられています。

私の体は旅行の後のムクミを解消したかったのかもしれません。お参りして清々しい気分になったのも影響した?

冬は塩分の強い食べ物も多くなりがちですからね。小豆のスイーツはオススメです^ ^

スクールの認定試験、初級は終わって中級の方がこれからですね。がんばれ〜!

今から初級を勉強すると試験は夏。
身についた知識は一生モノ、です。








[PR]
by alohapanda | 2018-01-18 00:00 | 漢方&アロマ

冬至☆停滞していた運気が動き出す日

d0285416_18474434.jpg
12月22日は冬至。

我が家はお隣さんの庭になっている(お隣は「完全オーガニック」というw)柚子を頂いて柚子湯で良い香りを満喫。

韓国の冬至はタンパッチュ(小豆粥)を食べると、先日知りました。

先日ソウルのプビンで頂いたおしるこ、美味しいですよ〜♪テイクアウトもできるそうです。


漢方スクールの授業で最初に習う概念として陰陽論があります。

万物には陰と陽があり、常にバランスを取りながらその量は変化しているんです。

冬至は陰が最大になる日で、これからは夜が短くなっていく。陰陽のバランスは日の長さに当てはめることができます。

冬至を境に低迷していた運気も動き出していくので乗り遅れちゃいけません!

生活の木のアロマオイルで冬に使いたいのが柚子。フレッシュで良い香りなので実習ではよくブレンドに使ってました。

柑橘は気の巡りを良くしてくれます。リフレッシュ効果は漢方でもお墨付き。

冬至に柚子湯に浸かる機会がなかった方はバスルームの壁か床に1滴落として、入浴中の蒸気で香りを楽しんでみて下さい^ ^

※ アロマオイルは直接肌につけないで下さい。柚子は触れたり食べると刺激を感じる人もいますので、使用の際はご注意を。




[PR]
by alohapanda | 2017-12-23 00:00 | 漢方&アロマ

赤い症状にカモミールティーを

d0285416_14065525.jpg
寒い日が続いてますが、街のイルミネーションもキレイに映えるようになってきました。空気が冷たいっ

職場には風邪っぴきさんもチラホラ出現。隣席の上司もノドから来たようで仕事中はマスク着装です。


赤く腫れて痛い症状に対して、漢方ではまず「熱を取る(清熱)」ことを考えます。

清熱の効果を持つものとしてわかりやすいものは菊花。菊の花です。

生薬としてソウルの薬令市場で売っているのを以前買いましたが、ハーブティーのようなお茶にすると若干苦味が…

薬膳で「苦味」は体内の熱を取ってくれるのですが、日本で菊花を買うのはあまりメジャーではないと思いますので



スーパーでも手に入りやすいカモミールティーで代用しましょう。

清熱の効果を強化するなら、ミントとブレンドするのもオススメ。

目の充血に効果がある飲み方としては菊花とクコの実なんてブレンドも有名です。

鎮静の効果を狙う洋風な使い方としてはミルクティーにするという手も。

カフェインを含まないから、昼間楽しくて興奮状態が続いて寝付かないお子さんにもハチミツを入れたカモミールミルクティーは飲みやすくてオススメ。

こうした食品は生薬より効能は弱いものなので、身近なものでできるセルフケアとして取り入れてみて下さい^ ^



2018年の漢方・薬膳検定は2月18日。

公式テキストをさらっと見てみましたが、コンパクトで初心者にはわかりやすい内容だと思います。

受検しなくても漢方や薬膳に興味がある方の入門書としてオススメします。










[PR]
by alohapanda | 2017-12-17 00:00 | 漢方&アロマ

みかんは身近な生薬

d0285416_21071223.jpg
楽天のセールに合わせてフルーツを箱買いするalohapanda家。

これくらいの時期からはみかんをよく買い置きして毎日食べてます。

今年は早めに出ていた熊本産の小さなサイズのものを試しましたが甘くて美味しい。甥っ子と姪っ子のところにも送りつけておきました。


こちら↑ですね。
お値段と量は家族構成に合わせて。小学生の姪っ子はミニミニサイズに喜んでました^ ^


みかんの皮を乾かしたものが生薬の「陳皮」というのはよく知られていると思います。

皆さまはみかんの皮をむいたら、白い筋って取りますか?

先日受講した漢方スクールの授業で「白い筋を乾かした生薬がある」と教えて頂きました。

えー、私は今までキレイに取り除いてから食べてました(汗)

白い網目状の筋は「橘絡(きつらく)」と言い、痰を取り除くとされているそう。

実際に筋を集めて乾燥させるのは、素人には難しいと思うので…

風邪をひいてビタミンC摂取のためにみかんを食べる方もいらっしゃると思いますが、痰が絡むようでしたら白い筋は取らずに食べた方が良いようですよ。


我が家の定番、伊藤農園さんのみかん↓は先日の買い回りで発注。早速届きましたが、今年も美味しく頂いてます♪





[PR]
by alohapanda | 2017-11-12 00:00 | 漢方&アロマ

症状を仕分けして漢方薬を選ぶ

d0285416_21522224.jpg
普段インスタを通じて慕ってきてくれる妹分のような友人。

とても華奢で冷えやすい体質。暑い日も彼女は温かいものを飲んでました。

そんな彼女が「風邪でノドが痛くて病院で漢方薬をもらいました」と。

(普通の内科に行ったそうだけど、漢方が特に詳しい病院というわけではないらしい)

出されたのは体を温める葛根湯とノドの炎症を抑える桔梗湯。

d0285416_21594147.jpg
実は私も同じ時期にノドが痛くなり、買い置きの銀ぎょう散↑を飲んでしのぎました。

桔梗湯はわかるけど、冷えの症状はないところを葛根湯で温めちゃうの?

葛根湯は体を温めるお薬だから、熱や腫れの風邪には使わないんじゃないかなぁ?とちょっと疑問。


☆☆☆☆☆☆☆


漢方では症状を仕分けしてから(「弁証」と言います)対応を検討します。

弁証にも色々ありますが、同じ風邪でも体の冷えや鼻水など水っぽいものは「寒」、熱や腫れなどからくるものは「熱」と分類。

色で症状を仕分けすると「青or赤」のイメージになります。

「寒」の症状なら体を温めるお薬、「熱」なら熱を引かせるお薬を選ぶので、仕分けを間違えたら逆効果に。

漢方スクールでは中級から上級のクラスでその仕分けの仕方を叩き込まれますが、それは西洋医学にはない概念。

友人は寒気はなくノドが痛いだけだから、桔梗湯だけで無事復活したそう。

葛根湯はあまり効かないと思った人は同じ風邪でも症状を確認したほうが良いかも。

西洋医学だと総合感冒薬があって便利ですが、漢方はピンポイントで効かせることが得意。

友人もソウルによく行くので、残った葛根湯はこれからの季節なら体が冷えた時のために持参してもらえたらとおもいます。

※ 個別のご相談には対応しかねます






[PR]
by alohapanda | 2017-10-17 00:00 | 漢方&アロマ

ソウルとハワイが中心の旅と日々の備忘録。漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザー・アロマハンドセラピスト・アロマブレンドデザイナーです。


by アロハパンダ
プロフィールを見る